AFTER FOLLOW

アフターフォロー

住宅は必ず劣化します。大きな不具合になる前にメンテナンスをしっかりすることで、大きな補修工事などを未然に防ぐことが可能です。家を長持ちさせることで、快適な生活と資産価値を守ることができます。



お引渡し後の
メンテナンスプログラム


   

2年目メンテナンス

気になるところをチェック

家全般に初期不良がないかを無償で点検します。例えば、バルコニーのトップコートにひび割れが発生していないか。サッシ・建具の建付をチェックします。また、クロスの隙間、ジョイント、クラックの不陸も2年点検時に無償でチェックさせていただきます。

   

   

5年目メンテナンス

5年を経過したら
ぜひやっておきたいメンテナンス

おハガキにてお知らせします。ご要望のあるお客様に無償で行なっており、5年目で保証の切れる「防蟻処理再施工」の他、主要構造部のメンテナンスもご案内しています。例えば、バルコニー、排水管洗浄が対象です。

   

   

10年目メンテナンス

家の寿命と今後にかかる費用が
わかる!

住宅は、木、金属、樹脂など様々な材料で構成されていてそれらの寿命が最初に集中するタイミングは築10年目です。と言っても、その瞬間にすぐ壊れるという訳ではなく、その時期を過ぎると劣化が加速するという意味です。修繕をさぼってしまった為に築20年目を超えたあたりで補修費用として余分に数百万円掛かってしまった…。なんて話はよくあること。計画的にメンテナンスを行うことをオススメします!10年で期間満了となる「住宅瑕疵担保保険※」延長のご案内もしております。

※「住宅瑕疵担保保険」10年延長…新築時に加入した住宅瑕疵担保責任保険は、10年で満了を迎えます。適切な修繕を行うことで、さらに保証を10年延長することができます。

無償点検
(希望者)

保証延長工事をしない

保証延長工事を実施されない場合、保証は10年で満了となります。

保証延長工事をする

保証延長

「住宅瑕疵延長保証保険」で
保証を延長!


健全な保全リフォームにより
経年劣化をリセット

住宅は目視で確認できなくても、環境に応じた自然の消耗(経年劣化)が生じます。経年劣化は、一般的には瑕疵に該当しないので、保全リフォーム(シーリングの打ち替え・外壁・屋根の塗装など)を行い保全リフォームを完了させることで、新築時と同様の保証を受けることができます。

   

   

20年目メンテナンス

さらに保証を
10年延長することができる!

通常の保証は10年で終了します。しかしご安心ください。保証期間延長点検と必要なメンテナンス工事を受けて頂くことで、保証期間を20年に延長可能です。ずっと長くお住まいいただくための「+10年」。家を長持ちさせることで末長く安心して暮らせる上に、資産価値を守りながら長期間保つことができます。

資料請求

来場予約

セセラの家

コンセプト
建築実例
物件一覧

お問い合わせはコチラ
0798-69-1248