HIGH SPEC

標準仕様

ZEH基準を標準仕様でクリア

UA値とは、住宅の断熱性能を数値的に表したもので、住宅の内部からの床・外壁・屋根(天井)・窓などを通じ外部へ逃げる熱量を家の外皮全体で平均したものです。値が小さいほど、断熱性能が高いことを表しています。省エネルギーで快適な暮らしが出来る家の目安となっています。「セセラの家」は関西地区の基準0.87UAW(㎡•k)を大きくクリアする0.60UAW(㎡•k)のZEH基準を標準仕様にしています。当社はUA値にこだわった家づくりを行なっています。

*家の方位、窓の大きさ、数等により標準仕様では基準をクリアできない場合があります。

   

※外皮平均熱貫流率=住宅断熱性能を数値的に表したもの。
出典:JSBC改正省エネルギー基準の建築主の判断基準参照の概略図

   

高気密・高断熱の仕組み

高断熱

外気温に左右されず、
室内の温度を一定に保つ

※オプション工事となります。

   


高気密

隙間風を完全にシャットアウト

ペアガラスよりも更に断熱アップ
複層ガラスの内側に熱の伝わりを抑える「Low-E(底放射)金属膜」をコーティング。遮熱性にも断熱性にも優れています。

太陽光を取り込み、
冬の暖房熱を外へ逃がさない

冬は断熱しながらも太陽の暖かさも取り込み、冷暖房両方の負荷を軽減し省エネ性に優れた開口部の実現に貢献します。

遮熱も断熱も。
夏の日差しや西日にも効果あり

夏場は、太陽から直接受ける強い日差しを和らげ、明るさを取り込みながらもガラスに当たる日射熱を遮り、室内を涼しく保つタイプです。

   

   

地震に備える2つの安心

建物を強くする(耐震)

引用:国土交通省の外郭団体(財)建材試験センターが中心に行なっている「木質構造建築物の振動試験研究所」による試験
*建物の形状によっては耐震等級3の強度が確保できない場合があります

耐震等級3の強度を確保

耐震等級は1〜3までのランクにわかれます。耐震等級3が最高等級となっており、等級1にはない「構造計算」・「詳細な検討」等が必要とされています。その強さは、警察署、消防署などと同レベルです。
実際に実物大の等級3と等級1との建物を建て比べた所、等級1の建物は倒壊こそしなかったものの大きく傾きました。建築基準法では等級1のクリアが義務付けられていますが、これだけでは不十分であるという実験結果も出ているのです。命を守れますが、その後も住み続けるという所に着目すれば、耐震等級3の確保や代替措置として、制振ダンパーの設置が必要であると思われます。

   


小さな揺れにも、余震にも(制振)

制震ダンパーの採用

家を倒壊させる大きな本震や、その後に多数発生する余震などの小さな揺れに対し、油圧式ダンパーは、繰り返し効果を発揮します。小さな揺れから大きな揺れまで幅広く対応できる油圧式ダンパーの特性が家の倒壊だけでなく、その後の余震からも家を守ります。

油圧式ダンパーが優れている理由

1)小さな揺れから効果を発揮します

2)地震の建物への衝撃を1/2に軽減します。

3)繰り返し訪れる大地震の余震にも効果を発揮します

4)どんな周期の地震にも対応し、共振にも効く

5)コンパクトで配置の自由度が高く、施工性が良い

   

「IoT」でもっと、もっと、便利に

IoT(Internet Of Thingsの略)は様々な機器がインターネット経由で接続され、互いに情報交換することで制御する仕組みのことを意味します。家の外等、離れた機器を遠隔操作し、安全で快適な暮らしを実現します。

   

これは助かる!これは便利!!


お家の中でも、家電を声でコントロール

スマートスピーカーで、
照明の操作も、お風呂のお湯張りも、
まとめて操作

手が離せない時や外出前の忙しい時など、スマートスピーカーに声をかけると設定した機器を個別にも、まとめてもON/OFFできて便利。


スマホで外出先から、ラクラク操作

●鍵の開け閉めができる!
●風呂のお湯はりができる!
●照明のONとOFFができる!
●エアコンのONとOFFができる!
●ペットの見守りができる!

   

資料請求

来場予約

セセラの家

コンセプト
建築実例
物件一覧

お問い合わせはコチラ
0798-69-1248