ZEH & Technostructure

ゼッチ & テクノストラクチャー

   

ZEHとは「使う電力≦創る電力」

ZEH(ゼッチ)とは、住宅を高気密・高断熱化することで家中の温度を一定に保ちエネルギーロスを減らす一方、太陽光発電設備で電気を創り出すことにより、エネルギーを自給自足する住宅のことです。ランニングコストが従来の住宅と比べてお得になるのはもちろん、さらに温熱環境に優れているので、快適な毎日を過ごすことができます。また、家中どこも温度差がほとんどないので、間仕切りのない大空間をつくる等、間取りの自由度が高いのも嬉しいポイントです。国は2030年までに、新築住宅の平均がZEHになることを目指しています。その為補助金の制度があったりと、知ってるとおトクなことがたくさんあります。これからの日本の住宅のあたり前基準となるZEH。導入は必須ではないでしょうか。詳しくはMADORISTに聞いてみよう!

       
   

ZEHがいいのはわかるけど…。高い!」
って思っていませんか?

ZEH(ゼッチ)にするためには、家の基本性能を上げたり、太陽光発電設備等の初期投資が余分に約200〜300万はかかります。一見総額が高いと思われがちですが、家計の総支出から考えると、実はおトクなんです!!

お金を生み出すZEHの効果

ZEHにすると、実は毎月1万円の支出が少なくなる!快適な上に月の総支払いが減るZEH。太陽光を載せない理由がありますか?

   

太陽光発電で供給(自給自足)

太陽光発電で作った電気を自ら使用。余った電気は地域の電力会社が一定価格で買い取ってくれる。

※買取価格は、太陽光発電の発電能力や電力会社と契約した年度によって異なります。

   

太陽光発電設備が実質0円になる

LIXILと東京電力が設立したLIXIL TEPCOスマートパートナーズ社が提供する、実質0円で太陽光発電設備を設置できる仕組み「建て得」。さらに、お得な電気プランも付いてきます!

※受け取りにはクリアしなければいけない条件があります。また、年度によって受け取り金額が変動します。

   

   


   

パナソニック
テクノストラクチャー
の家

   

梁部分に鉄骨を組み合わせ、
オリジナル接合を使用した工法

「家づくりは、地震にどこまで備えれば安心なのか・・・?」

「吹き抜けや柱のない大空間を作りたいが、木造では難しいかも・・・?」

このような疑問に応えるべく開発されたのが、パナソニック独自の工法「テクノストラクチャー」です。木の梁に鉄を組み合わせ強度を高めた「テクノビーム」を使った上、梁と柱との接合部にも金具を用いて、家の骨格を強化しています。さらに、2階建て以下の木造建築では義務化されていない構造計算を、パナソニック基準で一棟ごとに全て実施し、最高等級の耐震性能を数字で示して、確かな安全性を実現。あえて日本人が愛する木の家の温もりに、災害に対する大きな安心をプラスした住まいです。

※オプション工事となります。

   

木の家の弱点を克服する?!

木造住宅の強みである構造の柔軟性やコスト性に、鉄骨の強さを加えた「テクノストラクチャーの家」

   

資料請求

来場予約

セセラの家

コンセプト
建築実例
物件一覧

お問い合わせはコチラ
0798-69-1248